寝苦しい夜に最適|すのこベッドを活用して快適な睡眠ライフを送ろう

すのこベッドを活用して快適な睡眠ライフを送ろう

部屋

寝苦しい夜に最適

インテリア

夏の寝苦しい夜には、ついついクーラーや扇風機を使用ながら眠ってしまうことは多いでしょう。特に日本の各地で猛暑が続くことが珍しくない今では、熱帯夜になることも当たり前のようになっています。クーラーや扇風機があれば、快適に眠ることはできますが、健康にとっては、あまりよくないといえます。必要以上に身体を冷やしてしまうことで、体調不良や、風邪の原因になることも多いのです。そんな夏の睡眠問題におすすめになるのが、すのこベッドになります。通常ベッドには分厚いマットレスを敷いてあるものですが、熱がこもりますし、余計に寝苦しく感じてしまうはずです。しかし、すのこベッドであれば、熱が逃げるので体感温度はかなり変わってくるはずです。すのこベッドには、布団やベッドパット、マットレスを敷いて眠ることが一般的ですが、敷物を敷いても、湿気や汗が下のすのこから放出されるので、快適に眠ることができるはずです。また、すのこベッドは木材を使用していますが、ヒノキやパイン材を使っているものであれば、木の香りにも癒されるといえます。木の香りは深いリラックス効果が期待できるので、さらに安眠に繋がるはずです。このすのこベッドと、ひんやりと感じる特殊素材のシーツや敷パッドなどを使えば、クーラーや扇風機に頼らなくても、快適に健康的に眠ることができるかもしれません。しかし、冬は床から冷気を通すため、寒く感じるケースも多いので、厚めの敷物を敷いて対策をすることをおすすめします。